管理人 ご挨拶


野球を愛する皆様、こんにちは!!

 私は現在も台東区軟式野球連盟に所属しております「草野球人」です。

「野球は観ているよりプレーする方が絶対に楽しいもの」と、常々考えています。


 私がこの『幻のマネージャー』というHPタイトルを考えついたきっかけは
「私の代わりにプレー以外の手配作業を誰かが代わってしてくれたらいいのになぁ」
と、本心から思い、私の代わりになってくれるマネジャーがいたらなと思ったからです。
 草野球のチーム責任者を一度でもやられた方なら、過去に一度は私と同じような
気持ちになられたのではないでしょうか?

 子供の頃、学校が終わり、グローブ一つ持ってグランドに行けば、いつも気の合う
仲間がいて、ボールが見えなくなるまでただひたすらに白球を追いかけていた
あの頃が、懐かしく蘇ってまいります。
少年の頃、ただ夢中に白球だけを追いかけたあの頃、私は野球が大好きで大好きで仕方ありませんでした。
しかし今ではプレー意外にかかるストレスで野球を心から楽しめなくなってきてしまいました。
全国には私みたいな思いをし、大好きな野球から離れてしまう人たちが多くいるのでは
ないでしょうか?


 残念ながら現在の草野球事情は、必ずしも純粋にプレーだけを楽しませてはくれません。 
慢性的なグラウンド不足、試合相手を探すわずらわしさ、自分のチームのメンバーですら
確保するのに大変なのが状況なのです。


「グランドは確保しているけど相手がいない」

「試合はしたいがグランドが無い」

「メンバーがあと一人いれば試合が出来たのに・・・」


 このような悩みは、どなたでも過去に一度は経験されたことがおありだと思います。

 そこで私は、このような悩みで野球から離れてしまっている方々に、プレー以外で
かかるこれらのストレスを減らしてもらい、純粋にプレーだけを楽しんでいただけ
れば・・・と、このサイトを制作してみました。




私がこのサイトを通して皆様にお伝えしたいこと


@ 私も草野球チームを運営する上で、色々な人間関係に悩まされてきました。
 プレー以外の手配作業で、試合が始まる前から疲れてしまうという状態が長く続いていました。
残念ながら現在もその悩みから解消されていないのかもしれません。
 このようなことが原因で、大好きな野球から離れていってしまった親友もいました。
 そのような方々に少しでもお役に立つことが出来ればと思っています。


A「人間とはこうあるべきではないのか?」「友情とはなんなのか?」を皆様
  と一緒に話し合い、現在の個人中心時代に少しでも心の休まる部分を、野球を
  通じて見つけていただければと思っています。


B 30歳を過ぎた私をはじめ、多くの方々は新しい出会などないと思われる
のが現状ではないでしょうか?しかし、ただ「野球が大好き!」と言う
一言で、ずっと前から友達だったような気がする出会いが、私には
ありました。そのような素晴らしい出会いを、全国の野球を愛する皆様に
お届けすることが出来ればとも思っています。


 最後に、当サイトの発展にご協力頂き、日頃から未熟な私を叱咤激励し、
応援してくださいました「台東区軟式野球連盟理事長」高橋 邦彦氏に、
また、当サイトの宣伝と発展にご協力頂いた各区の軟式野球連盟の
皆様方に心からお礼を申し上げます。


  私達が愛する野球というスポーツを皆様が一生涯楽しめることが出来る
ものとなるために、これからも精一杯努力していくつもりです。

 これからも何卒宜しくお願い申し上げます。


 「幻のマネージャー」管理人・中村 貴徳

TOPへ