サイトマップ | お問合せ | このサイトについて
文京区軟式野球連盟
 [HOME] [携帯対応サイト]
連盟組織について
  連盟役員一覧
  文連規則
  文連登録
  東連登録
  大会のお知らせ
  注意事項[連盟より]
試合予定結果表示
  試合予定実績検索
  大会成績一覧[試合結果]
  トーナメント対戦表
  文京区軟式登録チーム一覧

連絡事項掲示板
  メール配信サービス
  協賛ショップサイト
  関連リンク集
  無料HP作成[チームDB]







※協賛サイト・ショップ様 募集中






 文京区軟式野球連盟規約

文京区軟式野球連盟規約

第1章 名称及び事務所

【第1条】  本連盟を東京都軟式連盟文京支部とする。
【第2条】  本支部の事務所を東京都文京区後楽1−8−23 文京区小石川運動場に置く。

第2章 目的及び事業

【第3条】  本連盟はアマチュアスポーツとしての正しい軟式野球を区民に普及し、その健全な発展を計るとともに会員相互の親睦と青少年の指導育成及び社会文化の建設に寄与することを目的とする。
【第4条】  本連盟は前条の目的を達成するため以下の事業を行う。
1) 東京都軟式野球連盟文京支部加盟チームをもって春季、夏季、秋季(区民)の各大会及びその他の連盟の主催する各大会を行う。
2)軟式野球を通じて参加者の体位の向上と体力の増強を図り、社会人としての常識を体得させ併せて人格の涵養と識見の向上に意を注ぎ指導育成する。
3)軟式野球の普及発展並びに技術の向上に関する指導研究。
4)学童・少年部の大会及び技術向上に関する指導。  

第3章 会  員   

【第5条】  本連盟の会員は東京都軟式野球連盟文京支部に加盟するチームとする。
【第6条】  本連盟の会員は文京区内に居住する者、並びに文京区内に事務所を有する官公庁、会社、商店、工場等に勤務する社会人及び学生をもって組織するチームとする。  

【第7条】  本連盟には以下に該当する者は選手として登録することが出来ない。 
1)職業野球競技者(但し、連盟が認めた選手、監督に限り出場できる)

2)学生生徒で本連盟以外の組織に登録している者   

【第8条】  本連盟の会員としてチームは監督、主将を含め、10名から20名以内の競技者によって構成する。   

第4章 組  織  

【第9条】  本連盟は東京都文京区内に居住及び事業所を有し、東京都軟式野球連盟文京支部に加盟するチームをもって組織する。   

第5章 加盟及び脱退   

【第10条】  本連盟の会員となるチームは、本連盟に規約を熟知しこれを守り連盟の定める登録手続きを完了する。加盟及び脱退は手続附則による。  

第6章 役  員  

【第11条】  本連盟は以下の役員を置く。
1) 会      1 名
2)     若干名
3)     1 名
4) 副理事長    若干名
5) 常任理事    若干名
6)   事   若干名
7) 会      2 名
8)   事   2 名  

【第12条】  会長は理事長に於いて推挙する。 会長は本連盟を代表し会務を総括する。   

【第13条】  副会長は理事長に於いて推挙する。副会長は会長を補佐し、会長事故ある時はその職務を代行する。   

【第14条】  理事長、副理事長、常任理事は理事の中から選出する。   

【第15条】  理事長は理事会を代表し会務を執行する。
副理事長は理事長を補佐し、理事長事故ある時はその職務を代行する。
会長及び理事長は緊急を要する事項で会議に諮問する期間がない時はこれを執行することが出来る。但し、この場合には次の会議に於いて承認を得ることを要する。
常任理事は理事長を補佐する。
会計理事は会計を担当する。   

【第16条】  監事は会長が選出し委嘱する。   

【第17条】  役員の任期は2ヵ年とし、年度当初に召集する総会で承認する。
但し再任を妨げない。
役員は任期が満了しても後任者が就任するまでその職務を行う。尚、役員が任期途中で交代の場合は、後任者の任期は前任者の残任期間とする。   

第7章 会  議   

【第18条】  本連盟の会議は総会、主将会議、理事会、常任理事会とする。   

【第19条】  主将会議は大会ごとに召集する。但し、会長が必要と認めた時は臨時に召集することが出来る。
主将会議は会長が召集しその議長となる。   

【第20条】  理事会及び常任理事会は必要に応じて理事長が召集しその議長となる。   

【第21条】  理事会の議事は出席理事の過半数の議決をもって決める。可否同数の時は議長がこれを決める。   

第8章 会  計   

【第22条】  会員(参加チーム)は本連盟の定めた会費を納入するものとする。   

【第23条】  本連盟の経費は以下に上げるもので支弁する。(一般納入した場合いかなる理由を問わず返金しません)
1)会  費
2)寄付金
3)その他の収入

 【第24条】  本連盟の会計年度は毎年1月1日に始まり12月31日に終わる。

 【第25条】  会計年度に剰余金があるときは翌年度に繰り越す。   

【第26条】  会長は毎会計年度歳入歳出の決算書及び証書類を監事の審査に附し、総会の承認を得るものとする。

第9章 担  当   

【第27条】  本連盟の事業を円満に遂行するために以下の担当を置く。
1)運営担当
2)渉外担当
3)審判担当
各担当に責任者を1名置く。但し、1)、2)、3)については理事者とする。

第10章 規  律   

【第28条】  本連盟に加盟している各チームの選手は所属チーム以外の他のチームから出場することは出来ない。各チームに所属している選手は東京都軟式野球連盟文京支部で主催する各大会に2つ以上のチームから出場することを禁止ずる。無登録選手の出場は堅く禁ずる。   

【第29条】  第28条に違反した選手及びチームは役員会に於いて除名或いは大会に出場停止、その他の処分をすることが出来る。

 第11章 規約の変更  

【第30条】  本連盟の規約は理事会に於いて出場者の過半数以上の同意を得て変更することが出来る。   

第12章 附  則   

【第31条】  本連盟の規則は附則により補足される。

文京区軟式野球連盟・大会注意事項

■運営に関する注意事項■

主将会議には、出来る限り監督又は主将が出席すること。(欠席の場合は、その大会に出場することが出来ない。

主将会議で説明または決められた事項はチーム全員に必ず徹底させること。

開会式には各チーム3名以上出場のこと。

使用球はナガセケンコー(株)製「A号」ボールとする。

(1)使用球は本部で用意する。

(2)ファウルボールは直ちに攻撃側で取りに行くこと。 

ベンチは組み合わせ番号の若い力を一塁側とし、三塁側を先攻とする。

球場内での「フリーバッティング、トスバッティング」は原則として認めない。

試合中ダックアウトの中に入る人員は、登録選手(ユニフォーム着用)、チーム関係者、マネージャー、及びスコアラーとする。

次の試合を行うチームは試合の30分前にメンバー表を提出すること。

記入無き選手は試合に参加出来ない。(但し、役員または審判員が登録されていると確認した場合を除く)

試合開始予定時刻になってもグランドに来ないチームは原則として棄権とみなす。

10 球場内と外とを問わずマナーに留意し立派な代表選手であること。ベンチのヤジには特に注意すること。グランド内及び駐車場では禁煙のこと。

11 ユニフォーム、装具等

(1)ユニフォーム、装具等は連盟規程で定められたものを使用すること。

(2)背番号は0〜30番とし、監督は30番、主将は10番とする。

(3)応援団の行う行為に対してもそのチームの責任となる場合があるので注意すること。

(4)打者、次打者及び走者はヘルメットを着用のこと。

(5)捕手は防護用ヘルメット・プロテクター・レガースを着用のこと。

12 雨天の際の連絡について

(1)小雨の場合でもグランド使用可能な場合は試合を行う。

(2)当日の試合を行うか否かを球場において午前6時30分より回答する。

その際の電話連絡は1チーム1人に限る。

文京区目白台公園運動場 рO90(4943)8657

文京区小石川運動場     рO3(3811)4507

(3)雨天中止の場合、チーム(すでに負けたチームは除く)は次の試合日程を

連盟掲示板にて確認すること。

13 登録選手の追加・変更は各大会の主将会議までに届け出ること。

14 登録及び試合において不正を行ったチームに対する処置。

(1)試合中に発見された場合は相手方に勝利を与える。

(2)試合終了後に発見された場合は次の相手に勝利を与える。

(3)決勝終了後に発見された場合は準優勝者を優勝とする。

15 職業野球競技者で退団後のアマチュヤ復帰については連盟規程による。

16 軟式野球規則に従い審判員の下した判定に服従しない者及び大会秩序を乱し、その進行を妨げる行為をした者が、チーム又は選手の関係者であっても、大会役員の合議により相当の処置をチームと選手に行う。

 

■審判長注意事項■  

試合規則は、グランドルールで特に決められた以外は本年度の公式野球規則及び連盟取り決め事項による。

ストライク、ボール、アウト、セーフ、フェア、ファウルボール等の判定に対する抗議は許されない。但し、ハーフスイングについては球審は塁審に問うことが出来る。

上記以外の判定に対して抗議の出来る者は、当該プレイヤーと監督、主将の内の1名とする。

試合はスピーディーに行い、出来るだけ無駄な時間を省くこと。尚、攻守交替は敏速に駆け足で行うこと。

守備が終わり最後のボール保持者はマウンドにボールを置いてベンチに戻ること。

選手交代の際は必ず球審に申し出ること。特に複数の交代は注意すること。

2回目以降の投手の投球練習は3球とし、投手交替の際の投球数は7球とする。

投手は必ずプレートについて捕手のサインを見ること。

「素振りリング」・「鉄パイプ」等は使用できない。

10 足を高く上げてのスライディング及び空タッチを禁ずる。現実にこれが妨害となった場合にはペナルティーを課すこととする。

 

■大会特別規則■  

グランドルールについては別に定める。

3回10点、5回7点の得点差によるコールドゲームを採用する。

試合時間は1時間40分とする。(1時間30分を過ぎた場合次の回に入らない)。但し、秋季(区民)大会は別に定める。

試合に関連して暴力行為を行った選手は理由の如何を問わず退場させる。

交代して一度退いた選手のコーチは認める。

当該審判員のカウント及びルールの間違い、また紛争問題の解決のため控審判を置くこととする。尚、大会運営上の都合により試合途中に塁審が交替する場合がある。







[ページトップ]

サイトポリシー | 新着情報 | お問合せ

Copyright © 2005 bunkyo-ku Rubber-ball Baseball. All Rights Reserved.
http://www.yakyujin.net/bunkyo-ku/
E-Mail:info@yakyu-jin.net
サーチエンジン