インターネットを使って試合相手などを募集する場合、連絡は主に
Eメールで行います。
ここでは、メールの送り方や電話連絡に関するマナーを説明します。








アマチュア野球-総合サイト幻のマネージャー
1.メールの用件はわかりやすく

メールの送信に慣れていない方は、メールの内容に苦慮する事がありますが、
用件をはっきりと分かりやすく書けば、相手には伝わります。まずは、
何の為にメールを送ったのかを、初めに明らかにすることです。選手の募集
に付いてか、試合の申し込みか、マネージャーの募集か、とにかくはっきりと
これを書いておきましょう



2.挨拶と自己紹介

メールは人間が人間に送るものです。
 まずは挨拶をきちんとすることが相手への気遣いだと思です。
 そして、自分が何者であるかを、ちゃんと紹介しましょう。
実名を明かすのに抵抗がある場合、初めてメールを送る相手にはハンドルネーム
(あだ名)でも構わないと思いますが、相手が実名で返事を返してきた場合、
こちらも実名で答えましょう。



3.どこのサイトからメールを送ったのか

ある日、いきなりメールをもらった場合、私ならこう思います。
「何でこの人、私のメルアド知ってんの?」
 どこのサイトで、あるいは何を見てメールを送ったのかをはっきりと書いて
あげてください。


4.返事のされ方について

 もし、何か理由があって、メールで返事をもらってもこちらから
すぐに返事が出せない場合や、メールではなく、電話で連絡してほしい
場合、その希望をしっかりと伝えましょう。例えば、マンガ喫茶などで
メールを出して、次にメールの受信確認をするのが3日後とかの場合も、
その旨を伝えた方がいいと思います。(初めてメールを送る相手に電話番号
などを教えるのは、私なら避けます。相手が誰かはっきりと分かってから
電話番号などを教えた方が、予期せぬトラブルを未然に防げると思います。)



5.メールの内容について


ある日、あなたにメールが届きました。内容は次のようになります。


  こんにちは、はじめまして。
 私は○○といいます。
 「幻のマネージャー」の掲示板を見てメールをお送りしています。

 試合相手を募集されているのですか?
 是非、私達と試合をしてください!

 お返事は****@angel.ne.jpへお願いします!
 お返事、お待ちしています。

            チーム:○○ 担当:○○


さて、困りました。
 7月20日と、7月27日の試合募集をしているが、これは一体どちらの
試合について言っているんだろう。やっぱり、メールの内容は出来る限り
詳しく書いてゆきましょう。「いつの試合か」とか、「自分達は初心者
です」とか、「グラウンドの予約はしてあります」とか。
 
あと、結構重要なのが、チームのコンセプトです。
 「親睦を深めながら楽しんで試合をしたい」っていうチームと「とにかく
勝利を追及する!」っていうチームが対戦したら、お互いに不完全燃焼
状態で試合を終えることになりそうです。話を進めてしまう前に、そこを
最初に確認するのが最も重要かも知れません。






1.返事は早く

せっかくメールを送ったのに返事が返ってこなかったとき、メールを
送った方は、とっても寂しい思いをします。必ず返事を返すことは
当たり前として、なるべく早めに返事を送らないと、相手は予定が立て
られずに困ってしまいます。


2.メールのお礼

やっぱり、メールをもらったら嬉しいじゃないですか。
 しっかりお礼を書いておきましょう。その後、末永く付き合える大切な
友人になるかも知れないじゃないですか♪



3.必要事項の確認

必要事項って色々あります。例えば、グラウンドはどうするとか、負担金額
はいくらずつとか、特に、お金に関する確認は絶対にするべきです。








せっかく話が進んでいたのに、事情が変わって断らなければならなく
なってしまう場合。実際、こういう場合ってよくあります。
 なんか、とっても気まずい気がしますが、誠意をもってお詫びするしか
ありません。お互いに仕事や事情を抱えているのは分かっているはず
ですし、仕方が無い場合だってあります。
 断られた方も、相手の事情を察してあげましょう。

 但し!
 どたキャン(土壇場でキャンセル)ばっかりしていると、どこのチームにも
相手にされなくなってしまうので注意しましょう。




アマチュア野球・社会人野球の総合サイト
アマチュア野球 - 総合サイト・幻のマネージャー